048299
まほろば国立歴史資料館休憩処 まほろび庵
まほろば国立歴史資料館休憩処

[トップに戻る] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

そろそろ長くなったので♪  投稿者:もへい 投稿日:2010/02/08(Mon) 18:00 No.234
松平春嶽 最近は写真の整理に時間を費やされているもへい参上です!(笑

昨日は、年に1回公開という岩崎弥太郎のお墓に探墓巡礼顕彰会で
一番懇意にさせて頂いている方と調査に行って参りました。
結果から申しますと・・・入れませんでした!!
中に墓守の方が住んでいるみたいなのですが、呼び鈴を鳴らしても
出てきてくれませんでした。
かなり残念に結果でしたが発見もありました!
染井霊園で幕末維新は関係無いですが、映画監督でウルトラシリーズの
草創期からの脚本家実相寺昭雄さんのお墓にお参りしてきました!!
この方は、初期から活躍している方で昔のウルトラシリーズはかなりメッセージ性の強い作品を作ってきたんですが、実相寺監督の作品はそれが顕著的だったんです。
有名な作品として「狙われた町」と「故郷は地球」、「怪獣墓場」ですかね。
特に「狙われた町」と「故郷は地球」のメッセージ性はとても強い作品で、メトロン星人とダン隊員のちゃぶ台を挟んだ会話は、かなり有名です。
他にも雑司ヶ谷などで地下官人やら斯波男爵家の分家なども発見しました。

そして今回一番の収穫は、以前の写真の整理結果からです。
青山霊園で撮影した写真の中に「野々山兼寛」と書かれた墓碑が、
あったんです。
まさかの幕末の大事件「ロシア艦隊対馬占領事件」の際の幕府の使者として派遣された外国奉行の墓だったんです。
最初丸に十字紋だったので鹿児島藩士だと思っていたのですが、三河出身だそうでそれでも丸に十字使うんですねって感じです。
ということで野々山さんのお墓です!!
正面と左が夫人で右に本人の名前が刻まれています。





お気づかい感謝♪  マルス館長 - 2010/02/10(Wed) 20:09 No.235

管理者用 最近更新準備で時間を費やされてる館長参上!。やっと22人終わった…。明日更新予定です♪。

あれ?公開なのに入れないんですか??。大河のおかげで墓守さん気が滅入ってるとか…。三菱にも不評だって噂ありますし…。
その分実相寺さんは発見でしたね。
ただ…私に対してウルトラシリーズの話を振ったのは失敗でしたね…。長くなるよ〜( ̄ー+ ̄)。

『故郷は地球』のジャミラは物凄いインパクトの怪獣でしたから、忘れたくても覚えてます(;^_^A 。
話の深さを考えたのは随分先ですが。

この話の肝は、怪獣が元人間ってことであり、倒すことの是非を巡る葛藤でしょう。
某国宇宙飛行士のジャミラが宇宙で遭難したが、母国には救援を出されるどころか事故すら隠蔽され見捨てられ、挙句灼熱の星に辿り着き生き延びたものの、水も空気もない過酷な自然環境のために体は怪獣へと変質してしまい、数十年の時間をかけて宇宙船を修理改造し、人類への復讐のためだけに地球へ、しかも多分全くジャミラとは無関係であったろう日本へ、単に国際平和会議が開かれるという理由だけでやってきて、各国代表の乗った飛行機や船を破壊して復讐を開始するって話です。
いつもなら先頭切って怪獣と戦う科学特捜隊日本支部も、事の真相を知って葛藤します。しかしパリ本部が出した指示は、全てを知った上で「ジャミラの正体を明かすことなく、秘密裏に葬り去れ。宇宙から来た、一匹の怪獣として葬り去れ」…。
納得はいかないが、ジャミラが攻撃を続ける以上反撃せざるを得ない。そしてジャミラとは縁もゆかりもないだろう村が現実にジャミラによって焼かれていく…。
「ジャミラ、てめえ!人間の心まで失っちまったのかよ!」との叫びに、心を取り戻したかと思いきや…

などと割に深いストーリー展開。

戦いが終わった後建てられたジャミラの墓には「人類の夢と、科学の発展のために死んだ戦士の魂、ここに眠る」と刻まれてます。
しかし「犠牲者はいつもこうだ。文句だけは美しいけれど」と話を締めてしまう凄まじさは子供向け番組の範疇を超えてしまってます。

こういった作品を残したところが実相寺監督の高い評価に繋がってるんですよね。ストーリーテラーとしてはセブンにおいて『ノンマルトの使者』を書いた金城哲夫さんと並ぶでしょう。

でもよくよく考えたら、この手の話は歴史の中で実際に出てきますよね。陰惨で都合の悪い真相は隠蔽した上で英雄に祭り上げるなんてこと。古事記なんてその集大成かもしれません。そんな浮世の不条理をジャミラやノンマルトから教わったもんです…。だから『狙われた街』のラストで、「でもご安心下さい、このお話は遠い遠い未来の物語なのです」と言われて安堵しましたよ(いや、しちゃいけないだろっ!。あれって「メトロン星人の地球侵略計画はこうして終わったのです。人間同士の信頼感を利用するとは恐るべき宇宙人です。でもご安心下さい、このお話は遠い遠い未来の物語なのです…。え、何故ですって?。我々人類は今、宇宙人に狙われるほど、お互いを信頼してはいませんから♪」ってシュールに言い切ってる身も蓋もない話だし…)。

実相寺さん自身は、当時高度経済成長の中で開発の名のもとに失われていく自然や文化を怪獣に投影していた節があります。つまり実相寺さんにとってのウルトラマンは「破壊者」の具象化でもあったようです。だからジャミラを倒すことができました。その見方をすると、ウルトラマンの正義は霞んでしまうんですよねぇ…。ウルトラマンなら正義の元に何をやってもいいのかって。
だから異色作として印象深いのでしょう。ジャミラはかわいそうって…。

でも、復讐を目的として破壊行動を続けるジャミラ相手に、説得を続けることは被害拡大を招くだけ。
これは池田屋に集まった浪士相手に、踏み込んだ新撰組の近藤さんが説得するようなものでしょう。当時の状況で言えば、京都に火を放ち、混乱に乗じて帝を長州にお連れするなどテロ行為以外の何物でもありません。
よって新撰組は躊躇なく浪士たちを斬り伏せましたし、幕府統治の下では正当な治安維持行動と評価できると思います。
それが明治維新を迎えると、立場が逆転したため池田屋殉難士は一種英雄視され、一方新撰組は殺戮集団のごときレッテルを貼られてしまいます。
現在に至るも池田屋事件で明治維新が1年遅れたとも言われるくらいです(個人的には池田屋事件がなかったら、明治維新もなかっただろうと思ってますが…)。
だからジャミラは倒さなければならなかったんだと思いますよ。もちろん隠蔽体質など、別件で問題とすべき部分は残ります。「文句だけ美しい」ものにせず、真相を開示することが国益になるかどうかの問題を抱えつつ、国益のためならすべてが許されるのかという問題を抱えつつ…。
こんな風に各々の立ち位置によって、同じ話でも見方は変わり、下す評価も変わるもんです。

それと…ジャミラの初回放送の後、宇宙開発競争は激化の一途をたどり、とりわけ有人飛行による月到達を競ってたアメリカのアポロ1号やソ連のソユーズ1号、ソユーズ11号で本当に犠牲者を出すこととなりました。結果的に宇宙開発への警鐘的作品にもなっちゃいました。

えー、次は『怪獣墓場』についてですね…。あれ?長すぎ??。


おお、野々山さん!。ありがとうございます。対馬で買った本の中で、ポサドニック号事件の関連人物としてその活躍を読みました。もっとも野々山さんが対馬に行ったのは事後収拾のためなので、直接ロシア側とは交渉とかしなかったみたいですね。
それにしても○に+は島津家の専売特許みたいに思ってましたが、案外使われてるんですね。




実は・・・  もへい - 2010/02/10(Wed) 23:25 No.236

松平春嶽 ウルトラシリーズの大ファンだったりしてます(笑
結構ウルトラ関係者のお墓も廻ってるんですよ〜。
以前ちゃんと円谷英二やその一族、本多猪四郎監督もお参りしましたよ。
実は、今日鎌倉に行ったのですが、妙本寺で大伴昌司さんのお墓も
お参りしました!
でも館長もお詳しいですね♪
一応アニメ以外のウルトラマンは全て見てるほどのマニアちゃんです。

ちょうど僕の世代が外国製作のウルトラマンパワードが放送されたころで再放送などで観たんです。
ウルトラマンタロウとかが好きです。
最近の一番のハマりは、平成のウルトラマンガイアというウルトラマンです。
これもとても深い内容でウルトラマンが戦う意味や人間と怪獣たちとの
戦う意義についてが主な内容です。

野々山さん、交渉に参加してないんですね。
青山は本当に奥深いですよ。
いろいろ教えてもらった関係だと佐川官兵衛の子孫のお墓や篠原泰之進の息子のお墓も教えて貰ったので今度行ってみたいと思います。




なるほど…  マルス館長 - 2010/02/12(Fri) 00:53 No.237

管理者用 やっと更新終わった…。

本多さんは東宝ゴジラのインパクト強いですよね。ちょうどディアゴスティーニが東宝特撮を今シリーズで出してますので、見る機会は多いと思いますよ。ガス人間はもう出たかな…。
ただ大伴さんはちょっとレベル高いですよ…。ああいった怪しげな図鑑を最近見なくなったのはさびしい限りです。

やっぱり何といっても特撮ヒーローモノは円谷プロと東映、そして国際放映とピープロ!。この辺が四天王です(* ̄0 ̄)/ 。今でも機会さえあれば見てますよ。
っちゅうか鎌倉行った時、セブンに会いたい一心で夕方から鵠沼まで移動し、彷徨しながらも森次さんが経営するジョリーシャポーで御手製のオムハヤシを食い行くほど憧れのヒーローですもんね。
ゼルに乗るのも絶対ライダーの影響だし…。遠征時のスタート曲も今はW‐B‐Xだし(何カミングアウトしてんの)…。

平成になってからウルトラシリーズは2派に分かれましたよね。
ガイアやコスモスやマックスなどに連なる新作路線と、昭和シリーズ最大の名作となったセブンの続編とに。
新作路線もマックスで実相寺さんが加わったことで、ちょっと昭和を引き摺ったりしましたし、メビウスからは明確に昭和と融合し…劇場版の「大決戦!超ウルトラ8兄弟』」なんか泣きましたよ(-_-;。
平成セブンもストーリーでは昭和に遠く及ばないものの、キングジョーの目の覚めるような合体などで面白さがありました。
でも結局あの時代の作品って簡潔の風を装って、恐ろしいほどのテーマを包含している回があるから、今でも見るに耐えるんですよね。特撮技術なんて今とは比較にならないのに。平成作品はそれを踏襲しようとして無理してる部分もあったりするから、もっとオリジナル性出してもいいような気はします。
それに、あの時代にはもっと凄い作品もあったのです。ただそういった作品は…軒並み現在の放送コードが耐えられず、まぁ地上波で見ることはできないでしょうね(⌒▽⌒)。
だから最近のドラマは…ぬるい!。

野々山さんはロシアが作った施設などの撤去を指揮したようです。木村摂津守さんは、結構辛辣な人物評してましたよ。「此人温雅にして頗る文学に通ずといへども、機敏の才は乏しき所なり」って…。交渉事にはちょっと向かないタイプだったのかもしれません。
青山は一週間くらい楽しめそうな歴史の宝庫ですからね。生き証人ではないですけどたくさん会ってみたいですよね。

あっ、写真は鵠沼のジョリーシャポーです♪。また行きたいなぁ…。





同じ生体かもしれません・・・(笑  もへい - 2010/02/12(Fri) 09:45 No.238

松平春嶽 僕もウルトラシリーズは、一度小学校低学年で止めていたんです。
でも2006年〜2007年に放映されていた「ウルトラマンメビウス」で
復活しました。
きっかけは、チャンネルを変えている最中にやっていたのが「エースの願い」というタイトルでした。
昔懐かしのウルトラマンAを見て感動してしまったんです。
その後また抜けて始まったのが、最終回三部作だったんです。
さすがに録画しました!
それからというもの取り敢えずメビウスを見てみようと思って秋葉原の中古DVDを漁ってメビウスを全巻買い揃えました。
子ども向けに製作されながらも大人にも分かる小話とかもあってとても楽しめました!
館長も観た「大決戦!超ウルトラ8兄弟」も映画館で2回も観に行った映画だったりします。
昨年上映された「大怪獣バトルウルトラ銀河伝説」も観に行って完成度に驚かされました。
結構今までの特撮から大きく変更されたCGを駆使した映像だったので嫌な思いをしたファンをいるようでしたが、これもこれとして観ていましたよ。
森次さんのお店は是非一度行ってみたいお店ですね。

今日はウルトラ特集ということで円谷英二、大伴昌司、実相寺昭雄さんのお墓です!!
ちなみに大伴さんの墓碑は、鎌倉霊園にもあるみたいです。
今探している関係者は造型でバルタン星人の成田亨のお墓です。
何か知りませんかね?出身地の青森県かもしれないのですが。





完全に周りほったらかしですね…  マルス館長 - 2010/02/13(Sat) 11:18 No.239

管理者用 メビウスに封印解かれましたか(⌒▽⌒)。
しかもエースという所がにくいですねぇ。実際カッコいいし。っちゅうかカッコよすぎ!。昔は随分怒鳴られたもんですがね。
個人的には80こと矢的猛が登場したことがことのほか嬉しかったですね。歴代の中では最も不遇だと思ってましたからね。これほどの感動はもうないと思ってましたが、去年「仮面ライダーディケイド」に同じ境遇の仮面ライダーBLACKが客演してあっさり感動してしまいました…。
そこへいくとタロウは出ないですねぇ。タロウの時は兄弟みんな出たというのに。しかもバーベキューという脱力ものの名シーンまで繰り広げたのに…。
3部作に至っては昭和シリーズの集大成みたいになっちゃいまして…というか平成シリーズから入った方々には昭和シリーズの入門編でもあり、オールドファンには元ネタ話の宝庫♪。

それにしても2回見たんですか。気持ちはよくわかりますよ。私はWOWOW鑑賞でした。「大怪獣バトルウルトラ銀河伝説」も見たかったんですよねぇ。っていうか、当時「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010」と「宇宙戦艦ヤマト復活編」もあって、見たいものだらけなのに肝心の時間がなかった…。ってことで放送を楽しみにしてます…。

ジョリーシャポーは昼食にでもぜひお寄りください。多分手ぶらじゃ帰れませんよ〜♪。きっと懐にはウルトラアイが…。

ウルトラ特集って異色ですねぇ(⌒▽⌒)。でも「ウルトラQ」から考えると、スタッフ・出演者とも随分鬼籍に入られたものです…。隊長クラスで御存命なのは数えるほどだし…。ウルトラマンの生みの親とも言える成田さんの情報もないですねぇ。
円谷さんはさすがにファンのお供えがゴジラですね。ミニラっぽいのもいるけどほとんどゴジラ系で、ウルトラマン寂しそう…。逆にレッドキングは傲慢に態度でかいですね(;^_^A 。
そこへいくと大伴さんはウルトラ系です。平成メカゴジラもいいですねぇ。
実相寺さんはやはりメトロン星人…(≧∇≦)。行く機会があったら、卓袱台置きますね。ウルトラマンらしいの、倒れてるよ…。

そうそう、あのジャミラの墓はどうなったんでしょうね?。




Re: そろそろ長くなったので♪  JUNE - 2010/02/15(Mon) 08:40 No.241

JUNE様専用 もへい様★館長様★

ご無沙汰してます。

え〜〜〜〜っキタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!って・・・
凄い楽しそうな話題で盛り上がってますね♪
ウルトラマンとは(;^_^A

円谷さんのお墓って初めて見せて頂きました。さっすがぁ!

あ、、、ちゃうちゃう・・・今日は昨日の龍馬伝のお話をと思って
参りました。

色々と細やかな部分はよしとして(よし!)今までの中で
好きな回となりました(ほぉ〜っと安堵しております)

リリー・フランキーさんの河田小龍とてもあじがあって良かった
です★(あ、大泉饅頭屋さんもなかなか素敵)
風変わりな小龍さんのつかみどころの無さや、「お〜い竜馬」
の異常さは無いとしても(笑)なんとも良い雰囲気でした。

何年も前ですが、(館長に使って頂いていて嬉しいし)
&小龍さんのお墓をレポートした思い出を「嬉!」
と、改めて感じておりました。

龍馬が黒船を作りたいと言い・・・そして皆を乗せて世界を回ると
大海原を前に語るラスト。あの当時の龍馬の発送から言うと
有り得る有り得ないはもうどうでも良くなって^^;
可愛い息子・可愛い弟その物でした。で、それがまた今後の
あの大きな龍馬に繋がると思うと母は嬉(気分)でございました。





Re: そろそろ長くなったので♪  マルス館長 - 2010/02/15(Mon) 12:36 No.242

管理者用 キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

特撮モノは素晴らしいですから、ついついね≧(´▽`)≦。何より怪獣や宇宙人にドラマがあるという部分が描かれると盛り上がるんですよ。

で、気持ちを切り替えて…

龍馬伝!。何となく「お〜い竜馬」のテイストを先週から感じつつも、独自の形も織り交ぜたことでいい感じに仕上がってた気がします。
まぁNHKなのである意味狂人的な部分を松陰先生も小龍先生も抑えたんでしょうけどね。
その分野心と知識と自意識過剰をむき出しにする弥太郎にしわ寄せが行って、三菱サイドが渋い顔してるようです。

で、JUNE様が感じ入った海辺のシーンはよかったですね。堂々と夢を語れるようになったことで、今まで漠然と先を見ていた感じの龍馬に躍動感が出てきたようです。
個人的には海援隊初の自前の黒船となるいろは丸船上で回想したりするのかなぁと期待してますよ。
母としては成長を感じてウルルときたんじゃないですか(^▽^;)。

さて、これで小龍先生にまた会いたくなったんじゃないですか?




離れまくってましたね  もへい - 2010/02/16(Tue) 16:29 No.243

松平春嶽 JUNE様の守備範囲外で語りまくってしまいまして申し訳ないです。
まあ僕もまだまだ子どもなのかもしれませんねw

龍馬伝実は・・・まだ録り溜めしてて観れてないんです。
前回の良さそうですね。
三菱サイドのしわ寄せはもしかしたら染井の岩崎家墓地に行ってたりはしないよね〜?

河田小龍先生のお墓はまだ見てないです。
やはり東京と京都は遠いようです。
最近は墓所探しだけで新発見は無いですね。
まあ敢えて言うなら青山にあるとされていた石井菊次郎子爵の墓所が
判明したことと雑司ヶ谷霊園で斯波蕃男爵の分家斯波孝四郎家の墓を
見つけたことですね。




そりゃもう風来坊ですから  マルス館長 - 2010/02/17(Wed) 14:44 No.244

管理者用 もへい様、わたくしはがっつり守備範囲ですのでご安心を。っちゅうか、男の子の気持ちがなくなったら、歳に関係なく一気に老け込むよ〜。

龍馬伝はまだ見られてませんか。溜まり過ぎると手がつけられなくなるので、そろそろ…。
しわ寄せの件についてですが…さぁどうだか…。今の状況じゃ、墓石にペンキかけられかねないかもしれませんから…。秋まで我慢しないと開けてくれないかもしれませんね。でもご安心下さい、このお話はあくまで仮定の話なのです…。え、何故ですって?。龍馬伝は今、弥太郎が逆恨みされるほど、人気沸騰になってはいませんから…。
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20100120-01/1.htm

確かに遠いですね。現在大圓寺の薩摩藩・佐土原藩関係墓碑を整理してますが(あれ3年前だよ!今頃か!?)、逆光で碑名が読めない…とか、風化でただの石柱と化しててもう何だかわからないとか…。今すぐ行って再確認したいけど…ねぇ…。
しかし…石井・ランシング協定でそれなりに有名な石井子爵はわかるとして、なぜに斯波孝四郎さんなのでしょう?。
私、次期更新予定として大圓寺の薩摩藩邸焼打ち事件殉難者の他に、元箱館新撰組隊士・初代三菱造船所所長の山脇正勝さんの略歴を書いたばっかりなんですが(お参りしたのは5年も前でしょ!)…。
私のPCにスパイウェア入れたでしょ(゜ロ゜;)!。


まかりこしました(;^_^A   投稿者:JUNE 投稿日:2010/01/20(Wed) 21:49 No.214
JUNE様専用 またまたご無沙汰しております。

京の大寒は少々暖かく館長も少しはお体を動かさましたか?
あ・・・いや・・・今のコメントはお忘れ下さい(;^_^A

皆様、『龍馬伝』を楽しまれておりますでしょうか?
毎週届くクレーム。史実が違うとか、武市さんの立場が
オカシイとか、、、ま、色々で
(今回も『弥太郎』がアホすぎや・・・)とか意味も解らず
本人はぼぉ〜っと見ているしかない状態です(苦笑)

ところで、本日まかりこしましたのは、
館長やもへいさんを始め歴史に詳しく信頼をしている
このサイトでならばの?
お問い合わせをさせて頂きたかったのでございます。

西の地方のお話ですが、島根。鳥取。山口等などにある
『姓』についてのご質問です。
★三郎丸★五郎丸★治郎丸★等など風変わりな苗字があるのですが、
中でも「治郎丸」という姓についてご存知なればお教え願いたいと
思います。

ま〜〜〜ったく急いではおりませんがご存知でしたら
祖先(いや、由来)など教えてくださいませ。

と、いつもながらいきなりやって来て難問のみを残して、、、、
失礼しま〜すm(_ _)m





Re: まかりこしました(;^_^A   マルス館長 - 2010/01/21(Thu) 12:25 No.215

管理者用 忘れます…。20℃越えないとエンジンかからんとです…。

『龍馬伝』はねぇ…まだ全然魅かれてこないというか…。篤姫と違ってかなり知られていることもあってか、反発はきついようですね。
正直言えばソフトバンクのCMの2大龍馬(2大勝?)共演の方に食いついてしまいました。「彼の太平洋の向こう亜米利加国あり」…いいなぁ♪。つまり一定の支持さえできれば、もう史実とかに関係なく、雰囲気だけで龍馬的世界観って成立しちゃうんですよね。
『龍馬伝』、まだちょっと支持できないかなぁ…。これからに期待しましょう。

さて、お問い合わせの件ですが…福岡はその手の地名が多くて、名前を由来とした名田の名残だってことです。
http://www.jcomfukuoka.com/word/archives/2005/03/post_24.html

で、苗字については結構地名から付けるケースが多く見られますよね。三条とか岩倉とか嵯峨とかお公家さんにも見られますし、武家でも三河細川郷を出自とする細川氏や、甲斐小笠原荘を出自とする小笠原氏とかがそれにあたります。庶民でも自分の所属する社会団体としての地名や村名を示す意味で苗字にしていたようです。

だから…名前由来の地名を由来にする苗字が生まれたんじゃなかなぁって思うんですよね。特に太郎丸とかだと、意味としては「太郎さんの土地」ってくらいで、もっともポピュラーな名前であり地名だったかもしれませんし。そうなると、同じ太郎丸さんや治郎丸さんという苗字でも、出身地によって違う太郎さん治郎さんが由来になっているかもしれませんね。
したがって、どの治郎さんかはその原点となる土地の由来を調べる必要がありそうです。

全くの推測ですけど…的外れじゃないかなぁって思います(;^_^A 。




Re: まかりこしました(;^_^A   JUNE - 2010/01/21(Thu) 17:46 No.216

JUNE様専用 館長、こんばんは。

早速ありがとうございます。

「龍馬伝」色々な意見があって愉快なのですが、
やっぱり何故か私もまだ入り込めなくって・・・
何がそうさせているのかと思いましたが、館長のご意見で
モットモダァ!って感じました。

「雰囲気」←これって凄く大切ですよね?

ソフトバンクのCMを見ているとやっぱり龍馬をすんなりと
思い出したりして(*^_^*)
ただ見る側も沢山、沢山『竜馬がゆく』に出会っているし
ある意味では自分の中で★あの龍馬★が根深くあるのも事実だったり
しますものね? 

前回も見終わったあと・・・????あららら???
な〜んて言っちゃいました。本当に今後に期待したいです。
どんな展開でも良いからあの『龍馬』が見たいです!

ところで「九州のことば辞典」興味深かったです♪
ありがとうございます。
そっか・・・地名からの苗字や、土地持ちの地主さんの
由来だったりと面白いですね。

田んぼの中だから田中さんとか、川のすぐそばに住んでいたから
川端さんだったり^^;そんなところにも原点がありますものねぇ。

苗字の由来もさることながら祖先がどんな人だったかとか
●●藩の家臣の末裔だとか過去帳がない場合って調べ様の
無いことになってしまいます。
知りたいなぁ〜と思いつつも手段も時間もなくってぇ〜
(って甘えてる場合じゃないない。自分で調べろってね(笑))

ただ、何か武将やらお殿様やらそんなのの末裔だったらウフフです。

お時間を頂いてありがとうございます。





Re: まかりこしました(;^_^A    - 2010/01/22(Fri) 00:39 No.217

坂本龍馬1 お久しぶりです。今年もよろしくお願いします。

さて○○丸というのは曲輪を意味しますね。
ある一定の土地空間で特にお城の中のブロックを指します。

伏見城で例えるなら、本丸・西丸・名護屋丸・三の丸・松丸・太鼓丸・徳善丸・弾正丸・大蔵丸・そして治郎丸。

「治郎丸」にはかの有名な石田三成の屋敷があてがわれていました。
明智光秀の隠れ子孫は「坂本」を名乗り、石田三成の子孫は「治郎丸」を名乗ったかもしれませんね。




Re: まかりこしました(;^_^A   マルス館長 - 2010/01/22(Fri) 12:28 No.218

管理者用 JUNE様、あれで答になりましたでしょうか?。

思うままに書いてしまった「雰囲気」ですが、これを醸し出すためには1度でも納得させるだけの龍馬像を見せてもらう必要がありますよね。そこさえできれば後は何やったって龍馬になるんですよ。だから大事なんだと思います。
ただこれは役者冥利に尽きることでしょうが、反面見る側では他の役にさせてあげないこともありますからね。
見る人が見たら、武田龍馬も武田洪庵も武田海舟も、みんな金八先生に見えるかもしれませんよ…。
そして仰る通り今までに出会ってきたたくさんの龍馬の中でランク付けがなされ、それらと比較されていきますから…やはりメジャーな人物を演じるのは大変だと思いますよ。まして直前に内野龍馬を見せつけられたら…。

ただ、今までのドラマにおける龍馬って、大体出てきた時点ですでに豪放磊落で天衣無縫で機知に富んで小汚くてってキャラが出来上がってましたけど、今回は真逆の繊細で周囲を気遣うといった新しい切り口から入ってますよね。それがどう幕末の動乱で変わっていくのかが見どころなのかもしれませんよ。
さて、★あの龍馬★に繋がりますかどうか…( ̄ー ̄)。


うちの周りって確かに〜丸が多かったんですよね。
結構名前由来の地名って多そうです。
鎌倉幕府あたりだと、幕府によって安堵された御家人の土地は、一族の中心となる宗家の嫡子(惣領)が継ぎ、分家となる庶子は嫡子から分割してもらった土地の名前を苗字にして本家を支えたらしいです。

田中さんならともかく、誹謗になりかねないので書きませんが、何でそんな苗字に?!っていうのもありますし…。あっ過去のものならいいかな。「平平(ひらたいら)」なんて苗字もあります。しかも底抜けの冗談なのか、子供に「平平(へっぺい)」なんて名前を付けて…。

苗字から祖先をたどろうとすると、えてして詐称疑惑に行きついたりします。成り上がりの大名家なんて幕府に系図を差し出す折に随分捏造してますからね。家康公からして賀茂源氏の流れなのを無理矢理新田氏支流の源氏の流れってことにしてますし。ただ大名家にたどりついただけで十分ウフフかもしれませんけど…。
まぁたいてい明治になってから好き勝手に付けてるので、苗字から簡単に類推はできそうもないですね。


僕様、今年もよろしくです。

そう、〜丸は城にも使われる言葉ですね。大坂城の真田丸も人名と結びついた典型です。
でも…その治郎丸の話…今頃絶対JUNE様は狂喜乱舞してると思いますよ…。いっちばんいい答え見つけましたねぇw(゜o゜)w 。
参りました…。




狂喜乱舞★☆★☆★  JUNE - 2010/01/23(Sat) 16:04 No.219

JUNE様専用 >僕様

こちらこそ宜しくお願い致します。

すっごい!何とも素晴らしい武将の出現で
館長のご想像の通り「狂喜乱舞」して走り回って
しまいましたぁぁ(*^∀^*)
だって光秀公に三成公ですものね♪

苗字についてはとても興味深いです。
そういえば家康公の源氏の苗字のお話を思い出しました。
あれは、「その時歴史が動いた」でも放映していましたね。
詐称だったら血の流れはまずありませんものね。

とりあえずは僕様の嬉しいお答えでご機嫌です(*^_^*)

館長〜〜〜〜「龍馬伝」終了時間近くのクレーム
メールとか恐怖でしたが・・・3週続くと慣れてきちゃいました。
明日も楽しく龍馬を見ましょう★





Re: まかりこしました(;^_^A   JUNE - 2010/01/23(Sat) 20:50 No.220

JUNE様専用 えっと・・・
もう一つ。龍馬関係のお話なのですが、

(こんな時間に酔ってますm(_ _)m)

お下品ながら我が家のトイレには京都のドデカ地図が
貼ってありまして・・・ふと目をやると寺田屋辺りの
龍馬のイラストがこちらを見ていました←酔ってる(;^_^A

そこでふと疑問が湧き上がりました。

もし、、、もしも龍馬に会ったらどんな風に彼を見ますか?
また、何を話したいですか?  な〜んて皆はどうしたいのかな?
って思ったのです。

酔っ払いカキコにて失礼致します。




Re: まかりこしました(;^_^A   もへい - 2010/01/23(Sat) 21:36 No.221

松平春嶽 またもご無沙汰中のもへいです。
最近は大学が忙しくて大変です(汗

さて治郎丸の件ですが僕も軽く調べてみました。
どっかのサイトに豊後国国東郡治郎丸邑発祥とありました。
地名由来説はだいたい当たってると思いますよ!
岡山や鳥取に多いそうです。東京にもいるみたいですが。

「龍馬伝」録りだめですね(笑
いろいろ見るものが多くて忘れて日がどんどん・・・。

JUNE様、龍馬に会ったらですか??
僕がそのあとの世の中を知っていたらが前提ですが、華族制度に
ついて聞いてみたいですね〜。
絶対に反対だろうけど・・・。

館長お待ちかねの春のイベントが3月中旬に決定しそうです。
あとは2月中にも何か!?起こるかも???
どうぞ楽しみに待っててください!!!




聞こえた気がする…  マルス館長 - 2010/01/25(Mon) 12:01 No.222

管理者用 やっぱり…(;^_^A …。何か春真っ盛りって感じが漂ってますね。

ないのがわかってる武家はたいへんなんですよね。それこそ名家の子孫を見つけ出しては系図を改竄するなどしてますからね。

さて、注目の「龍馬伝」…。ついにちょっと私は火がつきましたよ!。それこそ「キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!」って感じで。
やっぱり絶大なパワーを持ってますねぇ。黒船って…。福山龍馬に馴染むにはもうちょっとエピソード重ねる必要がありますけど、黒船は一発でワクワクさせてくれます。小倉戦争の時が楽しみですよ…ってこれはうちが負けてたんだ…。ちょっと複雑…。

で、もし坂本さんに会ったら…まずは「何で?!」って聞くでしょうね。化けて出た以外の納得いく説明を求めますよ。それで納得できれば、いろんな龍馬本を見せて感想聞きたいですね。びっくりするほど美化されてて呆れるかも?。


もへい様、何やらいろいろ企んでますね。負けないように私も企も♪。今年は東も遠征したいし…。




やっぱり聞こえましたか!!  もへい - 2010/01/28(Thu) 18:10 No.223

テストやらレポートやらサークルやら忙しくて大変ですね〜。
誰か代わってほしいっ!(笑

龍馬伝のやっぱり福山というのが抵抗ですね。
僕の頭の中では、龍馬は江口洋介です。

じゃあ一つだけ・・・。遠征します!!
しかも結構遠出です。
新幹線も使うほどですね。華族のお墓があるので楽しみです。
幕末維新関係も充実してますね。
あとは、探墓巡礼顕彰会の会員の一人と一緒に近場を調査する予定です。
その方は、館長のサイトも覗いてくれてる人だったりします(笑
これだけの情報量は、他にも例を見ないですからね〜。

随分前に添付した杉並の乃木家の墓ですが、詳細が分かりました。
どうやら乃木希典の父母の墓みたいです。

今日は久しぶりに写真を貼ります。
先日サークルで行ってきた泉岳寺にある戊辰戦争における芸州藩の戦死者の墓です。





鼓動が響いてますよ  マルス館長 - 2010/01/30(Sat) 00:52 No.226

管理者用 もちろん、代わりません!。
忙しいうちが花ですからね♪。本当に何もすることがなくなった事態を考えるだけで・・{{{{( ▽|||)}}}}。

「新選組!」で好演してたあの江口龍馬ですか…って…あんちゃん…。兄弟じゃん!。末弟は土方さんか…。ドラマが違ってましたね…。

遠征は新幹線…結構遠出…華族の御墓もある…さては九州方面?。それとも今私がひそかに計画をリビルドしてる、蒼龍のいたところとか…。もしそうならびっくりですよ。いずれにしても楽しみですね。もへい様のタイミングで答教えてくださいね。
ちなみに夏の熊本行きはほぼ決定です♪。まぁ例年決定しつつ、いざ九州に行ったら雨続きという悲惨な結果の連続なんですけどね。
近場調査の方で御一緒される会員の御方は、この秘密結社(いつからショッカー並になったのよ…)の存在を御存じなんですか?!。今後ともよろしくお願いしま〜す(;^_^A 。
情報量はお褒めいただき光栄ですが…他に例を見ないというより、普通ここまでやらないだけじゃないでしょうか(⌒▽⌒)?。

乃木さん、江戸詰長かったせいか長府に御墓は作らなかったんですね。しかしなぜ乃木大将一家は青山なんでしょうね?。情報感謝です。

うっ…戊辰戦争…。もへい様…やっぱり私の企みを薄々感づいてるでしょ?。ありがとうございました。
そろそろちゃんと更新もしますね♪。




ヤバい!ニアミスの危険性が・・・  もへい - 2010/01/30(Sat) 10:38 No.227

松平春嶽 代わってくれないっすか!?
ちなみに明日探墓巡礼顕彰会の会合で明後日はサークルの懇親会で
浅草です。
2月10日もサークルの方で鎌倉に行きます。
薬王寺にある吉田松陰の碑を観たいですね。

じゃあ館長がそこまで出しているのなら答えたいのですが、
まだ電車が取れてないみたいなんですよ。
今回も家族旅行に僕のお墓巡りが並行してますから(笑)
ちなみに華族の墓は、藩主とその家老が爵位を貰ってますね。
幕末も少し出てきますが、一番有名になるのが、明治初期の
大政変ですね。
蒼龍ってまさか・・・お方だとしたら・・・近いですね(笑)

ちなみに乃木さんのお父さんとお母さんは、墓碑だけ移転されて
青山の乃木家墓所にあります。予想だと両親の墓を希典が青山に
改葬したのでしょうね。
青山は、薩長閥のお墓がとても多いですから。

感づいてないですよ〜(笑)でも当たってるんですか!?
今日はお墓とは関係ないですが、先日またしてもここに行ってしまい
ました!!さあどこでしょう〜?





ちなみに福井も準備中です♪  マルス館長 - 2010/01/31(Sun) 15:23 No.230

管理者用 代わりません!…というより代われません(;^_^A 。今さら猛勉強する気概はとうに失せておりますです、ハイ。
しかしまぁ…売れっ子ですね。今日なんか雨降ってませんか?。京は雨です…。きょうは雨……丹波で修業しなおしてきます…。

家族旅行と並行すると、いかに我が身をフリーにするか、あるいは目的の場所がどれほどいいところかをアピールして無理矢理巻き込むか…が問題ですよね。その辺の駆け引きも案外旅行の楽しみかもしれませんね。
蒼龍との邂逅は悲願ですからね。残された最後の大仕事としていずれ実現させないといけないでしょう。
なぬ?!近い??。
じゃあ山で天然記念物と勝負するおつもりですね?。奴は突然現れますから、努々御油断召されませぬように。私、ちびりそうになりましたから…。カラスにもね。

そうでした…というより、全く覚えてませんでしたよ。対象外には結構シビアな私です…。えって思って青山の写真見返したら…ありましたね。大将の御子息と並んで…。疑問、解消しました。

御写真ありがとうございます。何か懐かしい感じのする門ですねぇ。あ、そういえば今年はあの日から150年目なんですね。またしてもということは頻繁に行っておられるようですが、3月3日に何かイベントでもやるその下準備ですか?。場所が場所だけに、当日刀や拳銃持って集まったらえらいことになりそうですが…。
で…どこなんですか?。




経験済みでっす!  もへい - 2010/01/31(Sun) 21:15 No.231

松平春嶽 東京ですか??
とても雨が降るとは思えない天気でしたよ(笑

大丈夫です。うちは比較的自由なんで、単独行動が許されるんです。
そうですね〜。あの天然記念物とは一度奈良の東山霊園で決闘させて
頂いてますよ。
目が合うと怖いです…。

えっ!?分かってるんじゃないですか??(笑
そう…その場所とは外桜田門です。
良く有楽町から国会図書館に行くので途中にあるんです。
ちなみに今日も見ましたよ!

今日は最近行って来た千葉県生実の重俊院にある藩主森川俊方の墓です。
森川俊方は新政府に恭順しますが、その後江戸市中取締役になった
人物です。





目力鍛えないとね♪  マルス館長 - 2010/02/01(Mon) 12:32 No.232

管理者用 今日も雨です…。やはり気候が全然違いますね。意外と日本は広いようです。

なかなか自由そうでいいですねぇ。そうなると今度は限られた時間の中でいかに要領よく周るかで頭を悩ますことになりませんか?。普段以上に制約厳しいから、無茶のレベル上げ気味になりませんか??。何か自分のことのように思ってしまいますよ(モロ自分のことだろ…)。

あのね、写真で見返すと結構愛らしんですよ。でもね、でもね、実際目の当たりにすると、どうしたらいいの?ってものすごく悩むんです…。熊なら悩む余裕もありませんけど…。

(⌒▽⌒)アハハ!ばれてますね。なるほど通学路みたいなもんなんですね。何か羨ましい…。ちょっとの気まぐれで外苑散歩できるんですよね。

さすがもへい様、生実藩とはまたレアな…。ちょっと調べないとわかりませんでしたよ。それにしても早逝なさってたんですね。いつも勉強させてもらってますm( __ __ )m。どうもありがとうございました!。


新年一発目!  投稿者:マルス館長 投稿日:2010/01/06(Wed) 11:47 No.205
管理者用 すっかり年明けてるけど…

明けましておめでとうございます♪。

新年早々疲れ果ててます。寒い中テンション上げると、反動がきついんです。

とりあえずご挨拶までに…今年もよろしくお願いいたします!。





Re: 新年一発目!  JUNE - 2010/01/07(Thu) 20:34 No.208

JUNE様専用 新年明けましたね〜〜〜(*^∀^*)

改めて明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

寒い季節が苦手な館長のこと。。。心配やな・・・
大丈夫かなぁ・・・・

えぇぇ〜〜〜〜〜!でも名護城址かぁ★★★嬉!
今後が楽しみです♪





Re: 新年一発目!  マルス館長 - 2010/01/08(Fri) 09:19 No.210

管理者用 JUNE様、こちらこそよろしくお願いいたします。

正直大丈夫なわけもなく、布団の中で日々凍えています( ((-。-) ))…。

でも名護屋城なのは、成り行きで佐賀城や名護屋城を巡ってきたからなんです。でも時間制限付きだったため寒い中走り回ってました。
そんなわけで疲れ果て、癒すのに時間がかかったんですよね。

さて、レポするネタが昨年末から溜まってるけど…ちゃんと処理できるかなぁ…。とりあえず小出しにして引っ張ってます♪。





Re: 新年一発目!  もへい - 2010/01/08(Fri) 21:05 No.211

松平春嶽 新年明けましておめでとうです!!
今年も館長やJUNE様との交流が楽しみで仕方がありません(笑)

名護屋ですか〜。僕も最近友人の影響で城にも興味を持ち始めて
しまいましたのでとても感慨深いですね。

僕も春休みにいろいろイベントが予定されているので館長、june様もお楽しみに!!




Re: 新年一発目!  マルス館長 - 2010/01/09(Sat) 10:03 No.212

管理者用 もへい様、明けましておめでとうございます。
私も楽しみですよ〜。でも頑張らないとネタ負けしそうで怖い…。

城にハマりましたかぁ。そのうち山城とかを巡りに登山しそうですね。

きっちりグレイブハントもしてきましたよ。
唐津の近松寺♪。
唐津藩藩主の家柄にありながら箱館戦争で戦死した小笠原胖之助さんの御墓があるんですよ。
で、名前からわかるとおり…近松門左衛門さんの墓碑もあったりするんですよね。しかも唐津藩主・寺沢家や小笠原家の菩提寺だったり、山門が名護屋城からの移築だったりとなかなか侮れないところでした。

さぁそれじゃ、春のイベントに期待します(⌒▽⌒)!。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50 :Edit by Yamamoto -