047343
まほろば国立歴史資料館休憩処 まほろび庵
まほろば国立歴史資料館休憩処

[トップに戻る] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

無題  投稿者: 投稿日:2010/12/20(Mon) 23:43 No.427   HomePage

ご無沙汰しておりました。
ようやく新潟に突入いたしました

いやはや新潟もなかな手強そうでいまから恐れおののいてます・・・
ただ、上越や柏崎の官軍墓地は現地には行きましたが、天候不良のため撮影は次回に持ち越しで帰ってきたので結果オーライのファインプレーかもしれません(笑)
ただそれを差し引いても船岡山や護国神社など一箇所にどーーーーーんがあってやりがいがありまくりです(汗)




Re: 無題  マルス館長 - 2010/12/22(Wed) 00:04 No.430

管理者用 竹様、ご無沙汰しております。
ついに新潟編始動ですね。

折しもこちらでは加賀藩編をようやくアップできまして、例の不動院の53基もすべて出しました。
何だか2人して、越後を北と南から挟撃してる感じですね(;^_^A。出雲崎や蒲原の方は未踏だけに興味深く、参考になりますよ。

新潟はいろんな意味で手ごわいですよね。
とにかく南北に長いから、周るのが大変。しかも長岡を中心にあちこち散在してますし。
さらに冬は雪に埋まってそうで、いつでも気軽に訪問できるなどとは努々思えませんし。
そういう意味でこれからはちょっと厳しい季節でしょうね。

でも竹様には期待していますよ。
なぜかって…蒼紫神社の長岡藩殉難士の墓碑が一部どうしても誰の名が刻んであるのかわからなくて難渋しているんです。
日暮れ時だったためフラッシュ使ったら、見事に碑面がベタになってしまい、文字が全く見えず…。
さらに護国神社は行ってないから純粋に楽しみにしてますよ。

人数多いから、その大変さは身に沁みてよくわかりますので、無理せず頑張ってくださいね。




Re: 無題   - 2010/12/22(Wed) 08:15 No.431

館長殿

いやほんとに新潟はでかいですよね(^_^;)
なにしろ山形と富山に挟まれてる県ですからいかに横長いかが
しかも冬季はほぼ行けないというハンディ付きですし

自分の変なポリシー(笑)で、雨の時はお墓の写真は撮らないというこだわりがあって、柏崎や上越や出雲崎は場所だけ確認したという状況で、悪天候の合間を縫って撮影したものが若干って感じです。
新潟って心なしか雨が多いような気がします

ほかにもまだ長岡近辺(与板や寺泊)、朝日山の時山さん墓探索、三条、見附、加茂、新発田などなど来年も新潟通いが増えそうです(笑)

蒼紫神社は実は自分も読めないのが多かったです。河井・山本の碑を正面に見て左面は特に壊滅的に磨耗してますね・・・
一応読める範囲で調べて、長岡市図書館から招魂社誌みたいなのを取り寄せて解読してみましたが、ちょいと厳しいです(>_<)

年末年始の休みで新潟県護国神社に着手する予定です。
あれはやりごたえがありますね




Re: 無題  マルス館長 - 2010/12/25(Sat) 00:07 No.433

管理者用 竹様、(〃 ̄▽ ̄)o-o∠※PAN!"。・:*:・゜☆メリークリスマス・:*:・゜☆。

新潟が長いのは地図で見て理解してるつもりでしたが、実際に走ってみたらとんでもない長さだと身にしみました。上越から長岡の間だけでも大概なのに、それでまだ半分くらいって…さすが日本の米どころです。

長岡のラーメン屋の大将と話してた時、「とにかく冬は晴れない」って言ってましたよ。司馬さんの『峠』にもそんなことが書いてあり、「本当なんだなぁ」って感心したものです。
しかし雨の日に撮らないって、何か理由でも?。実は私も雨中であまり撮らないんですが、これは単に電装品抱えて雨の中動きたくないからってだけであり、遠征先ではやむなく写すことがあります。

朝日山の時山さんはもんのすんごく興味深いですねぇ。以前相談させていただいた件が未解決ですからね。
浦柄神社に御墓があるなら、山中にある可能性は100%といってもよさそうですしね。

蒼紫神社のは左右合わせて40基があり、1基4名の名が刻まれていますが、竹様視点だと左7名右21名が不明の状態です。墓碑がまるまる見えないベタ状態なのが右に3基と、なぜか竹様と逆で、むしろ右側の方が厳しい感じなんですよね。これって光加減?。

新潟護国神社、いよいよですか。さぞかしどっさりあるでしょうね。楽しみにしてますよ。
それじゃあ負けないように私も長岡編頑張りたいと思います。




Re: 無題   - 2010/12/27(Mon) 12:33 No.435

館長殿

4日かけて新潟県護国神社アップ完了しました(疲)

プランでは年末年始休業になったら一気呵成でと思いましたが、仕事が終わって帰宅してから地道にやりました(笑)

薩長土(含・長府&岩国)はもちろんですが、新発田、村松、三根山、金沢、福井、松代、大垣、膳所、福知山、宮津、鳥取、広島、大洲、久留米、小倉、高鍋、十津川郷士隊、第三友軍隊、四条家家臣などバリエーション豊富です
福井藩士の墓の表面が削り取られてて2基しか読み取れなかったのが残念ですが・・・

これで、小千谷のほうも前倒しして正月休みにできそうです。

>しかし雨の日に撮らないって、何か理由でも?。

これはですね、おそらく掃苔初心者の頃に気合満点で喜び勇んで長岡まで行って(当時はETCもなく下道をてくてくと(^_^;))いざやるぞ!と思ったら豪雨に見舞われてなにもできずに帰ってきた時の思い出がトラウマになっているのかもしれません。
それ以来、掃苔旅は天気次第でキャンセルしていたのでその習慣が身についてしまったんですね。多分・・・




Re: 無題  マルス館長 - 2010/12/29(Wed) 13:30 No.437

管理者用 竹様、新潟護国神社の作業お疲れさまでした。
なるほど多いですねぇ。一部は長岡にも墓碑があったりします。大垣藩士たちの名は見覚えありますし。
福井藩はどうしてあんなことになったのやら…。中途半端に2基残ってるのが不自然で…。

私もバイクで走り回る関係上あまり雨の中で動き回ることはしません。あちこち電装したまま濡れるのはごめんですからね。
しかし竹様の行動原理は新潟由来のものが多そうですね。
動機は違っても、雨はやっぱり嫌ですよねぇ。


御霊地蔵堂  投稿者: 投稿日:2010/11/23(Tue) 20:19 No.404

いつも、大変参考にさせて頂きながら史跡巡りをしております

8月に東京上板橋の御霊地蔵堂に行ってきました

説明書きには

天狗党の挙兵と同時に、坂本重松を筆頭に総勢二十八人が京都に派遣され、同志と呼応して倒幕挙兵を約して帰藩しようとした所、幕府の詮議が厳しく東海道を通過できず中山道を通り板橋まで来たが詮議が厳しくこの山中に潜伏を余儀なくされた。結局、七日七晩協議の上協議してこのまま幕府に逮捕されるより、死を選び、自ら墓穴を掘り、互いに刺し違えて最期を遂げた

と言うような感じの事が書いてありましたが
坂本重松
と言う人物は、よくわかりませんでした
死亡年もよくわかりませんが、挙兵からすぐっぽいので文久三年でしょうか・・
もし、参考になりましたら幸いです





Re: 御霊地蔵堂   - 2010/11/23(Tue) 20:21 No.405

尊皇攘夷二十八志士之墓とあります





Re: 御霊地蔵堂   - 2010/11/23(Tue) 20:30 No.406

立て続けにすみません・・
何故か説明文には安政三年の出来事とありました・・
??不思議です




不思議な御墓ですねぇ  マルス館長 - 2010/11/24(Wed) 15:42 No.407

管理者用 鰻様、情報ありがとうございます。

不勉強ゆえ初めてこの話を知りました。どうやら殉難者の遺骨が発掘されたことで慰霊目的のため建てられた地蔵堂のようですね。

お書きいただいた説明書きの概略から察するに、藤田小四郎さんが上洛して長州の桂さん等諸藩の志士と攘夷結構の盟約を結ぶなどの工作をした文久三(1863)年11月頃から天狗党の最終目的地が京都になった元治元(1864)年10月23日までの間で活動し、壊滅したのでしょうね。
しかも「挙兵と同時に」京都に派遣され、他藩の志士と交渉を持って一定の成果を治めてから帰藩の途についてるみたいですね。
さて、交渉の相手となった「他藩」とはどこなのでしょうねぇ。京都まで行く以上、西国藩の可能性が高いと思いますが、長州藩はすでに軍資金を提供したりしてますから、あんまり交渉の必要なさそうですし、そんな状況下で長州の怨敵薩摩を引っ張り込むのは危険ですし(でも1名参加したんですよね)…。やはり肥後勤王党あたりでしょうかね。時期を見て合流しようかと思ったのに、池田屋事件や禁門の変でそうもいかなくなったとか…?。
実際に参加したのは久留米藩や島原藩から4人…あとは京都より水戸に近い宇都宮や盛岡といった東国藩が多いようです。

事件の経過などから考えて没年は元治元年春ごろじゃないかなぁって勝手に推測しちゃってます。

しかし残念ながら手持ちの資料では坂本重松さんら28名の、ただの一人の経歴はおろか、事件の概要すら見出すことはできませんでした。
それどころか、維新期の水戸藩殉難者を祀った水戸の回天神社の祭神1785柱をず〜っと探ってみたのですが、坂本重松さんの名はありません。
夫卒であろうと名を刻む祭神にその名が記されていないのは不可解です。
もしかして水戸藩縁の方ではないのか、記せない事情があるのか…かなり埋もれた史実のようですよ。その部分さえ分かれば、とりあえず光を当てられるんですけどねぇ。

で…安政三(1856)年!?。オチとしてはパンチがありますねぇ…(;^_^A 。大獄はおろか修好条約締結すらしてないのに…。

とにかく興味深いお話ありがとうございましたm( __ __ )m。




Re: 御霊地蔵堂   - 2010/11/24(Wed) 22:12 No.408

いえいえ・・
すみません、勝手に掲載してしまいました・・・
安政でなく、文久なら、倒幕運動とあるので、藤田小四郎辺りが筑波山で挙兵した辺り??と納得できなくはないですが・・・
とすると、当然資金提供を受けていた長州でしょうか・・・

しかし、殉難者名鑑にも載っていなくて・・・・

いつも、ホームページを参考にしながら私も、遠く及びませんが史跡巡りをして、ホームページなんかを作成しておりまして(とても自慢できる代物ではないのです)、
何かこちらのホームページで無さそうな人物を見つけたらお知らせしようと、勝手に考えておりました

正確な没年が不明なので、こちらには掲載できないかもしれませんが
・・
そうそう、こちらは青山霊園で見つけました
彰義隊頭役の一人本多晋です
こちらなら、御役にたてますでしょうか
御役に立てれば幸いです
掲載してるホームページ等見かけたことがなかったのですが、
もしかしたら、すでにご存じかもしれませんが。念の為掲載しておきます
本多晋(-大正十年(1921))彰義隊頭取)・博(旭冷蔵社長)之墓。1種ロ16号30側8





Re: 御霊地蔵堂  マルス館長 - 2010/11/26(Fri) 02:15 No.409

管理者用 鰻様、全然構いませんですから。こういうことでしたら予告も遠慮もなくどんどん貼ってくださいませ。私にとっても勉強になりますから大歓迎です。

安政はこの時代の事情をそこそこ知ってたら「???」って思ってしまいますよね。で、そこから事実を類推するのも案外楽しくなったりして。
長州には藤田さん自身が直接折衝に当たっていたようなので、果たして坂本さん等に折衝の継続をさせる必要があったのかどうか…。実際問題池田屋事件で長州藩が暴発するまで、天狗党に同調する動きはないから、必要があるといえばありそうですけど。

鰻様もHPを管理運営されていらっしゃるのですね( ̄ー+ ̄)。差し支えなければURLをちょこっと入れていただければ、しれっと訪問させていただきまして、私もいろいろ参考にさせていただきたく存じます。

現時点で坂本さん等をお迎えするには資料が不足していますが、殉難者名鑑に載っていない殉難者は実際に存在しています(福井の敦賀にある天狗党殉難者碑に刻まれた方々なんて数十人載ってませんから苦労してるんです…)から、それ自体は不思議に思っていません。ただなぜ水戸藩の祭神に記されていないのかが不可解なのですよ。「死して屍拾うもの無し」という非情の掟に身を置いてたのでしょうかね?。

そして本多さんは、謹んでお迎えさせていただきます。
悲運?の彰義隊設立メンバーですよね。
青山はまるっきり周りきれていない、未練多い場所の一つなので感激です。っていうか…鰻様…グレイブハンターだったんですか?!。
とにもかくにもありがとうございます。




Re: 御霊地蔵堂   - 2010/11/27(Sat) 19:47 No.410

館長樣・・
いえいえ・・・
そんなハンターなどと言えるほどではなく、館長様のような、方々のホームページや本などを見て、フラフラと史跡巡りをしているだけでして・・・

本多は偶然見つけたものなんです・・・
そういう発見は嬉しいですよね

坂本は、私も、殉難者名鑑みたんですが、記されてませんし、手持ちの天狗党の本にもこの話すらありませんでした・・



自分のメモ程度なので、WIKIやネット・本などの記事を抜粋して張ってるだけの、おはずかしいものですが・・・(;^_^A
なので、基本公開してないんですが、何かのタイミングで検索に出てきたりするんです。PCにうといものですから・・・

とてもお見せできるしろものではないのですが、
折角の御申出なので、貼ってしまいます・・

http://www42.tok2.com/home/burari/

もし、何か利用できる写真があれば、利用して下さい・・・
こちらのホームページの補完になるのがあれば幸いです

(宣伝が毎回でるのと変な文字が追加されてるので、
見つらいです。すみません)





感謝の極みにございます  マルス館長 - 2010/11/29(Mon) 01:57 No.412

管理者用 鰻様、たいそうな御謙遜ですこと…。さっそくしれっと拝見させていただきましたが、あそこまでやっていらっしゃれば、十分グレイブハンターでしょう(^^)。
凄すぎてとても短時間で見ることなどできませんよ。
だいいち北海道から鹿児島までってフラフラの規模が凄すぎます…。同じようなことやってますから(いや、規模で明らかに負けてるぞ…)、相当な覚悟と熱意のフラフラだと察します。
だからこそ嬉しい発見なんかも味わうことができるんですよね。

その上いきあたりばったりの私と違って、いろんな場所を具に見てらっしゃいますねぇ。金戒光明寺なんかド肝抜かれました。そこまで掘り下げてるんですか〜って。
メモ程度で済ませるにはもったいないくらいで、立派なアーカイブとして成立してますよ。

まだまだ未踏破地の多い私にとって、補完許諾のお申し出、大変嬉しく存じます(と一応表現してみましたが、実際は表現不能なほどに狂喜乱舞…)。もうお言葉に甘えまくりまして、是非にお願いいたします。
いろいろ編集に時間はかかりますが、ありがたく使わせていただきますm( __ __ )m。




Re: ご無沙汰しています  マルス館長 - 2010/12/01(Wed) 01:02 No.415

管理者用 鰻様、ほめてるのではなく率直にすごいと感じた次第です。本当によく動いてると敬服しています。それなりに大変さもわかるつもりですからね。
案外始めたら100人くらい一気に集まりますよね。まして東京を活動の場にしちゃったりしたら。
何しろ日本一集まる場所ですからね。2番目が京都かな?。

さらにさらに嬉しいお申し出、大変恐縮しております。
まずはじっくりと1つ1つ細密に拝見したうえで、改めてお願いすることになると思いますので、その節はどうぞよろしくお願いいたします。

あ、どうでもいいことですが…私も2年前に小田原戦役買いました♪。
巻末の「殉難者調べ」は絶対に参考になるって思っていたのですが…小田原に近寄る機会すらなく、現在に至っております…。

随時追加…実に素晴らしいですねぇ。私も頑張ろうという気持ちは持ちながら…自分で取材したのに10年近くも寝かせてしまってる方もいたりして…ホント済みませんです…。




Re: ご無沙汰しています   - 2010/12/01(Wed) 11:51 No.416

こんにちは

すいません間違えたレスに書き込んでしまいました・・・
続けてこちらに。

小田原の例の本。いいですよね。
予想以上の出来でした!

昨日、
匝瑳市の諸生党脱走塚の碑に記されている人員が解りました
ので、一応掲載しておきますね
自分のホームページにも、更新はいつ更新の事やら・・・

(魂英吊の碑裏面に記載があります)
・朝比奈弥太郎泰昌-慶応四年/(明治元年(1868))。泰尚。泰高とも。諸生党。家老。千三百石。市川と共に諸生党を指揮。天狗党と戦う。下総八日市場で戦死。泰然男

・朝比奈靱負。-慶応四年/(明治元年(1868))。諸生党。物成二百石。小姓頭。下総八日市場で戦死。弥太郎長男

・算助太夫。三百石。家老。下総八日市場で戦死

・佐藤主税。物成二百石。同心頭。下総八日市場で戦死。図書長男

・佐藤貞之介。物成二百石。同心頭。下総八日市場で戦死

・富田理介。三百石。町奉行。下総八日市場で戦死

・生井松次郎。下総八日市場で戦死

・橋本小三郎。四人扶持。中間頭列郡方勤。越後市野坪村で戦死

・丹下乙吉。譜代同心。下総八日市場で戦死(音蔵と碑にあるので、こっちかも念の為両方・丹下普蔵。下総八日市場で戦死)

・大久保貞蔵。十石三人扶持。徒士。下総八日市場で戦死

・大高孫兵衛。下総八日市場で戦死

・山田惣次郎。下総八日市場で戦死

・友部徳之介。十五石四人扶持。下総八日市場で戦死

・綿引隆三郎。十石三人扶持。徒士。下総八日市場で戦死

・春山宗七。下総八日市場で戦死

・鈴木欣一郎。百二十五石。大番組。下総八日市場で戦死

・佐藤留男。下総八日市場で戦死

・大嶺惣七郎。惣太郎とも。十石三人扶持。小十人。下総八日市場で戦死。猶左衛門長男

・河合子之吉。徒士目付。下総八日市場で戦死

・上(かみ)彦四郎。下総八日市場で戦死

・小山金平。下総八日市場で戦死

・小貫(おぬき)理三郎。下総八日市場で戦死

・吉三郎。小貫理三郎従者。下総八日市場で戦死

・安蔵。夫卒。下総八日市場で戦死

・斎藤新六郎盛至。百石。大番組。下総八日市場で戦死

・益子民部左衛門兼壁。久慈郡大子村郷士。下総八日市場で戦死。勘介兄

・益子勘介兼武。寛介とも。久慈郡大子村郷士。会津・越後転戦。下総八日市場で戦死。民部左衛門弟



丹下は、混同されてるっぽいですねぇ

あと、橋本小三郎。何故か越後方面での戦死者も・・・誰かと混同されてるんでしょうかねぇ

で、橋本小三郎を抜いても26人いる事実・・・

まぁ、実際は多く戦死されているので、25と言う数が重点ではないのかもしれません・・

あと、碑の裏に、没年月日から、やはり諸生党と思われる個人墓があるのですが、残念ながら氏名不明でした
------
敬服だなんて、本当恐縮です!
いつも、利用させていただいているホームページの管理人樣に言われると感動ですね・・・

なかなか、職場にはこの手の趣旨を理解してくれる方がいなくて・・・・
私がペーパードライバーなんで、頼み込んで遠方地は、連れて行ってもらっていました(;^_^A






諸生党!  マルス館長 - 2010/12/02(Thu) 00:58 No.417

管理者用 鰻様、千葉の探査お疲れさまでした。

レス位置はログを修正しましたのでご安心を。

諸生党の二十五人墓、情報ありがとうございます!。
名鑑で眺めただけでも八日市場での殉難者は32名…。
鰻様の示された面々に挙げられてないのは

大高弥兵衛・大嶺小太郎・算平十郎・和田銀平・久部徳之助・清兵衛の諸士。

名前からして久部さんは友部さんと同一人物という疑惑があったりします(没日が1日違うという相違点もあるので、原史料に接してない以上確証はありません)。この辺は丹下さんと同じでしょうか。
また碑面にあるという綿引さんは名鑑では水戸で戦死ということになってますね。
でも25人には収まりませんよ…。

ただまぁあれこれ考えたところで、碑面に26人(いや、27名でしたね)刻まれているならばそれを尊重するしかないですよねぇ。実際に刻まれてることについて、根拠もなく否定はできませんから。
謹んでそのまま使わせていただきます!。


さてさて、敬服しているのは事実です。ぺー輔様、もへい様、竹様同様の行動派としてただただ感嘆してますよ。
っていうかよくもまぁ進んでこんな酔狂なことする方(オイッ!)が増えてきたもんだと感動しています。私としては嬉しい限りですよ。私も周りにもまぁ理解者はいませんからね。これ始めたころはネット上にさえほとんどいませんでしたし。時代がやっと追い付いてきたか?!。

そのうち段々あちこち行きたくなって、気付いたら自力で高速道路驀進してるかもしれませんよ。小田原に向けてw(゜o゜)w 。




ありがとうございました   - 2010/12/02(Thu) 18:14 No.419

館長様
移動ありがとうございます

そして、申し訳ありません
綿引 水戸で戦死でございました
私の書きミスです。

八日市場以外の二人抜くと、数が合いますね。。

偶然でしょうか??

実は私も、皆様よりは新参ですが、2002年くらいから細々とやっております
最近は、ちょっとばたついてるのであまり行けないのですが、落ち着いたら再開したいと思っています。
確かに、酔狂な趣味なのかもしれませんねぇ・・・
解る人には良さがわかるんですがねぇ(≧∀≦)


お詫び・・と言ってはあれですが、まだ、自分のホームページに掲載してない水戸系の人物を前倒しで
市川三左衛門は 水戸 祇園寺
他は、神応寺 です

昌木晴雄殉難碑。-元治元年(1864)。天狗党。杉山崇仙。杉」の国字「椙」を分解し、変名「昌木」(まさき)を名乗る。諸生党が、天狗党の家族を捕縛しはじめると、水戸藩の天狗党水戸城に向かうと決した時、本来の攘夷決行とは目的が異なるとして、独自に行動、横浜鎖港を含めた攘夷結構の為江戸に向けて転戦するが、小川捕縛され、処刑。墓域すぐの無縁の所


水藩殉難志士弔魂碑
・武田耕雲斎彦九郎正生
・山国兵部共昌
・田丸稲之衛門直充
・藤田小四郎信
・武田彦九郎室辿子
・武田桃丸
・武田金吾
・武田三郎
・武田金四郎
・武田熊五郎
。墓域すぐの無縁の所

浅田富之允重信之墓。大発勢。榊原新左衛門等が降伏した際、大発勢を抜け、武田等と共に西上したが、途中で木曽路より別れた(没年解りませんでした)


渡邊吉太郎之墓。-慶應元年(1865)(元治二年(1865))。大発勢。堀田相模守佐原陣屋預けとなり処刑。和田平助正勝之墓向かって左横にある

祇園寺には、朝比奈弥太郎もあります。後日私のホームページに、合わせて掲載します

本やネットで見ると、市川・朝比奈は、間違った墓碑の写真を掲載している人が多いですね・・・専門家も間違った写真を掲載したりしていますし・・・
なぜだか・・・
ところで、妙雲寺に武田金次郎が眠っているらしいのですが、解りませんでした・・
武田家之墓 にあるのか寺に伺いたかったのですが残念ながら不在でした・・

小田原!是非有意義に廻っていただきたいです!\(^O^)/
プラスアルファで撮れるとよいですね!

ではまた





Re: 御霊地蔵堂  マルス館長 - 2010/12/05(Sun) 16:21 No.420

管理者用 鰻様、お待たせしました。ちょっと年末進行になってます。うわ、年賀状もまだ書いてない…。

八日市場では25名以上犠牲になっておられるようなので確定なのかどうかよくわかりませんけど、一応「二十五名」と刻む以上25名なのでしょうね。

そして…祇園寺!。
疲労の極みで臨んだ祇園寺…
時間切れで悔いを残した祇園寺…。

私にとって、あの因縁のある祇園寺ですね…。
市川さんも朝比奈さんもうちでは誤った御墓なんて決して出してませんよ(( ( ̄  ̄*)(* ̄  ̄) ))。
だってそもそも撮れなかったんですもん…(*ノ-;*)。
神応寺は位置的に遠かったので行けずじまいでしたから、大変嬉しゅう存じます。
なるほどこんなにあるんですねぇ…。いや、天狗党に手を出した時点で予測はしてましたけど…やはり多人数であるがゆえにあまりにあちこち散らばり過ぎてて…。あちこち周る方の身にもなってほしいですよね。
水戸もそんなこんなでもう一回行きたいところですね。
これで天狗党がまた忙しうなりそうです♪。
武田金次郎さんは改名してませんか?。一基他に比べて新しいのありましたけど。「武田藎」(果たしてウェブ上でこの漢字が表記できるかどうか)と刻まれてますが、ちゃんと調べてないけど当人のような気がしてます。

さて、鰻様は絶対3年以上のハンター歴だと思ってましたよ。
だって京都泉涌寺の戒光寺にある御陵衛士の御墓が3年前から柵に囲まれ非公開にされましたからね。
墓域で新撰組ファンが狼藉を働いたことが原因なようです。
今年になってから公開が再開されましたが…墓参するには指定の誓約書を書いて、500円を納付し、柵の鍵と拝観許可のネックピースを受け取らないと行けなくなりました。ただ11月18日だけは一般に開放さてます。もちろん油小路のあの日ですね。
そんなことで今や撮影禁止も誓約条項ですし、柵の写り込んでいない写真をお持ちなのはそれ以前から活動されている証左なのです!(何の主張よ)。





Re: 御霊地蔵堂   - 2010/12/06(Mon) 13:23 No.421

館長樣

コメントありがとうございます

武田藎 なるほど!
私も一瞬そうかと思ったのですが・・・
やはりこちらでしょうかねぇ(≧∀≦)
金次郎の詳細が解らないので、私も判断が付き兼ねております・・


戒光寺・・ようやく公開になったのですねぇ・・
しかし、随分と面倒くさい手続きが・・・
撮影不可は淋しいですね・・・
どんどんその樣な場所が増えていきます



館長樣が訪れた時は確かなかったと思うのですが
朝比奈弥太郎は、どうも、朝比奈墓域にただ、札を建てたので、近くにある墓がそうだと思う方が多いようです・・・
(寺で立てたものです。例の水戸市が立てたものでなく。)


ではまた・・



不覚…  投稿者:マルス館長 投稿日:2010/12/02(Thu) 01:18 No.418
管理者用 大阪人権博物館まで「ひめゆり 平和への祈り」を見に行くため、昼から大阪に行きました。

以前沖縄のひめゆり平和祈念資料館で見てはいるはずなんですが、記憶も薄れてきていたのでぜひまた見たかったんです。

しかしこれが大失敗…。

共催展ということで大した規模を期待していたわけではありません。

それなのに…

ビデオ映像全部見るだけで多分2時間くらいかかるでしょう…。
展示物を全部ちゃんと見ようとしたらこれも2時間以上かかりそう…。


結果として先に常設展を見てしまったために何かゆっくり見ることができませんでした…。

もう一回行かないといけなくなったよ…。今度は朝からじっくり時間かけて…。


で、できたら多くの方に見てもらいたいので紹介しておきます。

http://www.liberty.or.jp/exhibition/plan/indexhimeyuri.html

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28]
投稿画像の表示サイズを変更できます
投稿記事のbニ、投稿した時のパスワード(削除キー)を入れると修正・削除ができます
記事の修正では、画像の追加削除も出来ます。お気軽にドーゾ。

処理 記事No 削除キー

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50 :Edit by Yamamoto -