江藤新平(佐賀市・本行寺)
佐賀藩士。下級武士の手明鑓の家に生れ、貧窮の中に育ち賢母に導かれ、弘道館に学ぶ。安政のころ学館改革の運動を起し大隈重信らと退校、国学者枝吉神陽に師事して嘉永(1853)三年義祭同盟に参加、尊撰派に成長していった。嘉永六(1853)年「諭二都羅斯一激」を、安政三(1856)年「図海策」を草し開国論に転ずる。藩政にあって御火術方目付・上佐賀代官手許などの職につく。大隈重信・副島種臣らと共に、藩主鍋島直正を推して水戸派と連繋し、雄藩連合を企図したが受入れられず、公武合体論の上に立って征長の役を拾収しようとしたが成功せず、文久二(1862)年6月脱藩して京都に上り、三条実美と共に京都尊撰派の中心人物であった姉小路公知に入説して、さらに密書を姉小路に託して密奏を企てた。結局帰藩を命ぜられ、無期謹慎となった。慶応三(1867)年謹慎を解かれ、郡目付となる。同年12月藩主直大の出京に先発して出京した。翌明治元(1868)年4月江戸開域とともに旧幕府の評定所に至り、政治・財政に関する帳簿類・国別明細図などを押収した。江戸軍監に任命され、江戸遷都を建議、5月江戸府判事・江戸鎮台判事として民政兼会計営繕の任に当る。翌二(1869)年藩制改革に従事、四(1871)年文部大輔、次いで左院副議長となり民法典編纂のことに当り、五(1872)年4月司法卿とたり司法権の独立に尽力した。六(1873)年4月参議に任ぜられたが、10月征韓論に敗れて下野し、七(1874)年1月民撰議院設立建白書に署名しながらも、2月ついに佐賀征韓党に推され、憂国党と結んで挙兵、岩村高俊権令の率いる軍隊と戦い、敗れて薩摩・土佐に逃れ、捕えられ4月13日処刑、梟首された。享年41歳。
島義勇(佐賀市・来迎寺)
はじめ藩校弘道館教官で従兄に当る枝吉神陽に国学を学び、さらに江戸の佐藤一斎、水戸の藤田東湖に学ぶ。安政年問、蝦夷・樺太を視察、戊辰戦争にも参加したが、明治二(1869)年7月蝦夷開拓使設置とともに、藩主鍋島直正が長官となり、島は判官として北海道開拓に当る。とくに札幌市街地の建設に尽したが、のち東久世長官と意見を異にし三(1870)年4月大学少監に転じた。ついで侍従となり、四(1871)年12月には秋田県権令となって乳製品の普及などに努めた反面、保守的思想も強かったため五(1872)年6月辞職した。同藩出身の大隈重信や江藤新平らの開明政策には反対であり、薩摩の島津久光派と通じていたが、六年から七年のはじめにかけて、佐賀におげる憂国党(封建党)が秩禄処分に反対することから結集し、不穏な情勢となったので、七(1874)年2月、これを鎮静するため東京から佐賀に向ったが、征韓党の江藤新平らと合流、大久保利通の指揮する政府軍の挑発によって佐賀の乱を戦った。敗走後、久光をたよって大久保にとりついでもらったが受け入れられず、4月13日斬刑梟首された。享年53歳。
江藤さんの御墓は師の実弟副島種臣さんの揮毫のようです。江藤さんについてはその晒し首の写真が強く印象に残っています。参議と言う重職に就きながらその果てが…と栄枯盛衰を感じたものです。島さんも江藤さんもある意味政府の姦計で処分されたようで維新の裏側、暗黒史に残るのが佐賀の乱だと思います。
明治七年 佐賀の乱