京都市・相国寺
薩藩戦死者墓
伊集院金五郎 小銃第一隊小頭見習。慶応四(1868)年1月3日伏見で戦死。享年32歳。
大山源右衛門 大砲第一隊。慶応四(1868)年1月3日夜伏見御香宮で戦死。享年22歳。
加治木清之丞 小銃第二隊兵糧役。慶応四(1868)年1月3日伏見で戦死。享年35歳。
休八 小銃第二隊夫卒。慶応四(1868)年1月3日伏見で戦死。享年不明。
篠崎勘七 兵員第二隊。慶応四(1868)年1月3日伏見竹田街道で戦死。享年30歳。
宅間総左衛門 小第二銃隊。慶応四(1868)年1月3日伏見三雲橋で戦死。享年22歳。
月野徳次郎 小銃第二隊夫卒。慶応四(1868)年1月3日伏見で戦死。享年31歳。
中原八郎 外城第一隊。慶応四(1868)年1月3日伏見竹田街道で戦死。享年30歳。
西藤次郎 小銃第二小隊。慶応四(1868)年1月3日伏見奉行所で戦死。享年25歳。
八田幸輔 小銃第一小隊小頭見習。。慶応四(1868)年1月3日伏見で負傷、17日没。享年26歳。
八田新左衛門 高田郷士。外城第一隊。慶応四(1868)年1月3日伏見で負傷、3月3日没。享年22歳。
平岡彦九郎 小銃第二隊。慶応四(1868)年1月3日伏見御香宮下で戦死。享年25歳。
平原平八郎 外城第四隊。慶応四(1868)年1月3日伏見で負傷、26日没。享年32歳。
堀弥之助 小銃第二隊人馬方。慶応四(1868)年1月3日伏見で戦死。享年27歳。
松木嘉右衛門 出水郷士。外城第四隊。慶応四(1868)年1月3日伏見で負傷、2月1日没。享年28歳。
山田孫一郎 小銃隊。慶応四(1868)年1月3日伏見で戦死。享年27歳。
山田雄助 小銃第四隊。慶応四(1868)年1月3日伏見で負傷、3月4日没。享年21歳。
四本左平次 大砲第二隊。慶応四(1868)年1月3日鳥羽街道で戦死。享年23歳。
岩山左平次 小銃第五隊。慶応四(1868)年1月4日鳥羽で戦死。享年23歳。
川西与十左衛門 大砲第二隊。慶応四(1868)年1月4日鳥羽街道で戦死。享年歳。
鮫島十郎兵衛 外城第二隊。小銃隊。慶応四(1868)年1月4日鳥羽街道で戦死。享年不明。
塩田雄蔵 小銃第一隊。慶応四(1868)年1月4日鳥羽で負傷、2月11日没。享年19歳。
白尾孫兵衛 小銃第三隊。慶応四(1868)年1月4日伏見三雲橋で戦死。享年24歳。
関十郎左衛門 遊撃第一隊。慶応四(1868)年1月4日鳥羽街道で戦死。享年21歳。
竹下平左衛門 兵員第二隊。慶応四(1868)年1月4日鳥羽で傷、11日戦死。享年23歳。
野村清兵衛 小銃第六隊。慶応四(1868)年1月4日鳥羽街道で戦死。享年21歳。
橋口彦四郎 遊撃第三隊。慶応四(1868)年1月4日伏見で戦死。享年35歳。
肥後嘉ニ 小銃第六隊。慶応四(1868)年1月4日鳥羽街道で戦死。享年20歳。
平田嘉右衛門 小銃第六隊。慶応四(1868)年1月4日鳥羽で負傷、17日没。享年22歳。
藤崎甚四郎 兵員第二隊。慶応四(1868)年1月4日鳥羽で戦死。享年25歳。
堀添清左衛門 遊撃第一隊。慶応四(1868)年1月4日伏見で負傷、3月2日没。享年27歳。
前谷宗智 小銃第六隊。慶応四(1868)年1月4日鳥羽街道、6日夜死。享年19歳。
溝口雄四郎 一番遊撃隊。慶応四(1868)年1月4日鳥羽街道で戦死。享年20歳。
毛利強兵衛 外城第一隊監軍。慶応四(1868)年1月4日鳥羽で負傷、2月14日。享年34歳。
有川嘉吉郎 喜入多門家来。私領第二隊。小銃隊。慶応四(1868)年1月5日淀川堤で戦死。享年22歳。
家村彦五郎 臼砲隊玉役方。慶応四(1868)年1月5日淀川筋松原で戦死。享年28歳。
伊集院与一 軍賦役。小銃第十二隊長。慶応四(1868)年1月5日淀川堤で戦死。享年37歳。
市来勘兵衛 元治元(1864)年禁門で功あり。慶応四(1868)年1月小銃第六隊監軍として伏見に戦い、5日鳥羽街道富の森で戦死。享年30歳。
伊東強右衛門 大砲第二隊。慶応四(1868)年1月5日鳥羽街道で戦死。享年25歳。
入佐助八 小銃第三隊。慶応四(1868)年1月5日鳥羽で戦死。享年24歳。
上村戸左衛門 兵員第二隊。慶応四(1868)年1月5日鳥羽で負傷、10日没。享年20歳。
大河原壮之助 遊撃第三隊。慶応四(1868)年1月5日淀川堤で戦死。享年21歳。
大場軍輔 大砲第二隊。慶応四(1868)年1月5日鳥羽街道で戦死。享年29歳。
堅山卯一郎 遊撃第三隊。慶応四(1868)年1月5日淀川堤で負傷、6日没。。享年19歳。
坂元仲左衛門 外城第二隊。慶応四(1868)年1月5日淀小橋で負傷、3月12日没。享年不明。
椎原小弥太 文久三(1863)年の薩英戦争、元治元(1864)年の禁門変に活躍。慶応四(1868)年1月小銃五番隊監軍として伏見出陣。幕軍と折衝後開戦。5日淀で戦死。享年29歳。
太郎 大砲第一隊石神万右衛門従卒。慶応四(1868)年1月5日淀川堤で戦死。享年15歳。
中島弥次郎 大砲第二隊分隊長。慶応四(1868)年1月5日淀川堤で戦死。享年23歳。
肥田雄太郎 都城島津久静家来。安政二(1855)年江戸へ出て西郷隆盛に兄事。文久二(1862)年上京。慶応四(1868)年1月都城一番隊小頭。同月5日淀川堤で戦死。享年26歳。
平川助左衛門 小銃第十二隊小頭。慶応四(1868)年1月5日淀川堤で戦死。享年26歳。
福田喜左衛門 小銃第三隊。慶応四(1868)年1月5日鳥羽で戦死。享年20歳。
村尾十次郎 島津右門家来。私領第二隊。慶応四(1868)年1月5日淀川堤で負傷、13日夜没。享年20歳。
赤井清心 小銃第五隊。慶応四(1868)年1月6日八幡で戦死。享年21歳。
阿多孫次郎 小銃第九隊。慶応四(1868)年1月6日八幡で負傷、26日没。享年17歳。
江口幸右衛門 島津元丸家来。私領第一隊。慶応四(1868)年1月6日橋本で戦死。享年23歳。
鎌田尚円 小銃第八隊。慶応四(1868)年1月6日八幡で戦死。享年19歳。
宅万栄之丞 小銃第三隊。慶応四(1868)年1月6日八幡で負傷、16日没。享年19歳。
田中直次郎 遊撃第二隊。慶応四(1868)年1月6日八幡で戦死。享年25歳。
浜田才之丞 島津元丸家来。第一隊伍長。慶応四(1868)年1月6日橋本で戦死。享年26歳。
平川丈助 小銃第三隊。慶応四(1868)年1月6日八幡で負傷、24日没。享年24歳。
柳田藤之丞 小銃第四隊。慶応四(1868)年1月6日八幡で戦死。享年25歳。
伝蔵 小銃第六隊夫卒。慶応四(1868)年1月病を押して伏見に戦い、7日没。享年26歳。
牧野休八 市田右近家来。小銃第二隊夫卒。慶応四(1868)年1月伏見で戦死。年不明。
薩摩藩は長州藩と違ってどういうわけか合葬墓ばかりです。この形のものが標準規格のものらしく、会津や函館でも同型のものが見られます。多分越後などにもあると思いますよ。
京都には幕末から戊辰戦争までの総合的な墓碑として、東福寺即宗院に西郷隆盛揮毫の戦亡碑が建てられています。しかし厳密には鳥羽伏見までは相国寺の方に加えられておられるために入ってはいません。
慶応四年 鳥羽伏見の戦い 薩摩藩