会津藩
新国英之助(新潟県小千谷市・浦柄神社)
萱野隊甲士。慶応四(1868)年5月13日越後朝日山で戦死。享年17歳。
米沢藩
神田五郎(新潟県栃尾市・善勝寺)
新手明組。足軽。慶応四(1868)年7月25日越後栃尾で戦死。享年19歳。
仙台藩
我妻敬三郎(新潟県栃尾市・善勝寺)
小姓役から周旋方。軍務局応接係。黒沢壱岐隊軍監。慶応四(1868)年7月24日越後長岡で戦死。享年34歳。
鈴木昌之助(新潟県栃尾市・善勝寺)
黒沢壱岐家来。慶応四(1868)年7月25日越後土ケ谷で戦死。享年不明。
鈴木惣兵衛(新潟県栃尾市・善勝寺)
黒沢壱岐家来。慶応四(1868)年7月25日越後土ケ谷で戦死。享年不明。
平渡清太夫(新潟県栃尾市・善勝寺)
慶応四(1868)年7月25日越後土ケ谷で戦死。享年不明。
八木友吉(新潟県栃尾市・善勝寺)
黒沢壱岐家来。隊長。慶応四(1868)年7月25日越後土ケ谷で戦死。享年40歳。
若山粂之助(新潟県栃尾市・善勝寺)
黒沢壱岐家来。慶応四(1868)年7月25日越後土ケ谷で戦死。享年不明。
北越戦争の激戦地となったのが朝日山と榎峠。そのうち朝日山の麓にある浦柄神社には、会津藩殉難者のものといわれる墓碑が立っています。しかし、新国さん以外は法名で書かれているためにほぼ誰だか分らない状況です。どなたのものか分るという方は教えてください・・・。しかも中にはどう考えても西軍の幹部だった時山直八さんのものとしか思えない墓碑があったりして・・・かなり困惑している今日この頃です・・・。真相を教えてください・・・!。
慶応四年 北越戦争 東軍殉難者